栄養療法は適度にやらないと危険…勉強し直しました。 #47

こんにちは、Vです。

はもしょうさん流の栄養療法を始めてから4日が経ち、はてぶ#46 にも書いた通り肌質がだいぶ良くなってきました。前までほっぺたあたりにずーっとニキビがあったのですが、それが少しずつ改善されつつあります。これはいいですね。

ただ一方で、見過ごせないデメリットも出てきました。それは端的に言うと、「糖不足で頭が働かない」ということです。これはプログラマーを目指している自分にとっては、大大大デメリットでして、今日は全く勉強する気が起きませんでした。そこで、少しのご飯と少しの砂糖入りコーヒーを接種したところ、その前より見違えるほど元気になり、今こうしてブログを書くことができています。

つまるところ、栄養療法って本当に人によりけりというか、いろんな知識をもって取り組まないとマジで危険なんだなって思いました。今日はそんな話をしていきたいと思います。

 

結論:糖質もちゃんと取ります。ご飯の量は1/2~2/3にしてみよう。

色んなYouTube動画で示唆されている通り、炭水化物を完全に抜くのは危険です。僕もこれを今回痛感しました。よって、今まで通りお米はちゃんと接種したいと思います。結局、お米に味噌汁にサラダにメインディッシュという、昔ながらの日本人の食が一番健康に良いんですね…。

ただし、ご飯の量は制限しようと思いますし、「お米でお腹いっぱいにする」という発想はやめたいと思います。それをやっていいのは成長期の中学生頃までですね。また僕は、軽度ではありますが発達障がい持ちなので、栄養には十分に注意しなければなりません。

また、お菓子やカップ麺などのジャンクフードは、一切断っていきたいと思います。さすがにこれらは取らないほうが良いのは明白ですからね。よって間食は、ヨーグルトや卵、ウィンナーや鳥のささみというように、タンパク質で補いたいと思います。

結論、これからは1日3食、しっかりとお米を食べます!ですが、今までの量だと食べ過ぎだと思うので、必要最低限量、具体的にはお茶碗1/2~2/3ぐらいの量を、1回の食事で取り、その分お菓子やカップ麺などは一切断ち、代わりにタンパク質系の間食で代用したいと思います。

 

サプリもいろいろ試してみるべし。iHerbが良さげ。

さて、そこで色々サプリメントについても調べてみました。今僕は、6種のサプリメント+ビタミンCとMCTオイルを接種しています。これからある程度普通の食生活に戻していくので、そうしてみて始めてサプリの効用がわかってくるかと思うのですが、今のところ効用を感じることはできていません。

ただ、鉄分とビタミンB群だけは継続的に接種していきたいと思います。「アリナミンEXがADHDに効く」という話もあるらしく、それはビタミンB群が多く含まれているからだそうです。また鉄に関しては、発達障がい云々関わらず、食品から接種するのは結構大変です。僕自身も鉄分不足による貧血っぽい症状は結構感じますし、はもしょうさんも「ヘム鉄とビタミンBを最も重視してほしい」と仰っているため、この2つは最低限続けてみようと思います。あとは果物も取らなくなってしまうので、ビタミンCは接種しても良いかもしれませんね。便秘にも結構なりやすい体質なので。

 

そして肝心のサプリについてですが、iHerbという海外の素晴らしいサイトを活用してみたいと思います。アメリカ発のサプリ・食品などの専門ECサイトで、日本で買うより良質なものが安価で手に入ります。iHerbのサプリランキング10を発表!みたいな動画もあるため、そういう動画も参考にしつつ、自分にあったサプリを模索していきたいと思います。

youtu.be

 

4日ぐらい続けてみて思いましたが、結局めんどくさいと続かないんですよね…。MCTオイルとビタミンCは小さじですくって接種しているのですが、やっぱりサプリのように錠剤で接種できないとめんどくさいし、サプリメントも今かなりの量があるので、それだけで嫌になっています。そうなってしまうと元も子もないので、経済的にも優しく、かつ効き目があるような、そういう自分なりの自分向けの栄養療法を、これから探していきたいと思います。

 

お袋に栄養療法を始めたきっかけについて話すことができた。まあ、別にだからといって何が変わる訳ではないけど笑。

さっき、お袋に「やっぱり炭水化物もしっかり取る」ということを伝えたのをきっかけに、栄養療法を始めたきっかけについて話すことができました。昔のことに関することを言うと、お袋も色々大変だったからフリーズしてしまうんだけど、まあでも受け止めてはもらえたかな、とは思います。ただ、完全には理解できないと思います。そりゃそうですし、それについてはもう両親には諦めています。本当はこの動画のように、建設的な対策ができればそのほうがいいんですが、まあそれはうちでは無理でしたね。もう諦めたことです。ただ、この動画から学ぶことは多いなって思いました。伝えるべきことは伝えたほうがいいですね。

youtu.be

 

話は変わりますが、実はうちのお袋も、栄養療法に近いことはしているんですよね。ちなみにうちのお袋が接種しているサプリは、DHCのヘム鉄、ビタミンB、ビタミンCの3つです。これらも結構コスパがいいので、ちょっと検討してみようと思います。DHCかiHerbのどちらかから始めてみましょう。では、また次の記事でお会いしましょう。

 

追記(22.07.04):DHCの持続型ビタミンB,Cとヘム鉄にしよう。それを朝起きたらガーッと飲む。

決めました。まずビタミンBビタミンCは取っておきたいな~と思うので、これはサプリで補おうと思います。そこで目をつけたのが、持続型ビタミン。ビタミンは水溶性なので、すぐに溶け出して排泄されてしまうんですね。今アスコルビン酸を生で飲んだり、コーダサプリのビタミンBを飲んだりして、それは痛感しています。なので、持続型が良いんじゃないかって思いました。んで、iHerbじゃなくて、国産のDHCにすることにしました。国産であれば法律の壁に守られてますからね。

 

そして肝心の鉄ですが、これに関してはやはりヘム鉄にしようと思います。iHerbではキレート鉄を入手することもできるのですが、正直過剰摂取が怖いです。鉄選びはこの動画が非常に参考になりました。ヘム鉄もがんのリスクが高まるとか言われていますが、何でも過剰に接種することがいけないのであって、不足分を補うことは全く問題ないと思うんですよね。自分の体の症状的にも、また発達障がいに対するアプローチ的にも、ビタミンとミネラルをサプリで補う選択肢は間違っていないでしょうし、またその中でもビタミンB,Cとヘム鉄に絞ることは、かなり有用な選択だと思っています(ただ、ビタミンDは追加でとってもいいかもな?とは思っています。プログラマーは太陽の光を浴びる時間が少ないですからね。ここはもう少し勉強)。

youtu.be

 

また、サプリの飲み方ですが、これは朝起きたらB,C,鉄3種類全ての1日摂取量を、まとめて取りたいと思います。鉄は亜鉛やマグネシウムと競合するらしいので起床時が最も有効的、そしてビタミンは水溶性なので少量をこまめに取ることが重要です。ただ今回、ビタミンは持続型を接種するため、朝にまとめてガツッと取れば、それを8時間ぐらいかけてじんわりじんわりと溶かしていってくれるので、血中のビタミンの濃度を保ってくれると思うんですよね。しかも、朝だけ飲めばOKというのは、忘れないですし続けやすいですし、めんどくさがりの自分にとってはとてもいいです。サプリも重要ですが、何より重要なのはやっぱり”食事”ですからね。残りのリソースは食事に気をつけることに割いて、そして健康な状態でプログラミングの勉強をゴリゴリしていきたいですね。

 

ということで、コーダサプリは今あるものが終わったらやめます!DHCのその3種類のサプリを朝に一気に飲むという生活を続けてみて、また気づきがあったら書いていきたいと思います。追記は以上です。

 

追記(22.07.04):ビタミンDを追加。ヘム鉄は一考の余地あり。栄養学の本を何冊か読んでみるか。

色々気になっちゃって、色んなYouTubeの動画を見ていました。すると、ビタミンDをおすすめしている人が多いことに気づきました。たとえばなかやまきんに君や、薬剤師のぴよさんなどですね。よって、DHCのビタミンDを追加しようと思います。まとめると、ビタミンB,C,D+ヘム鉄の4つって感じですね。

さて、ここで他の栄養素についてもいろいろ調べてみました。まず第一に、食事から採れる栄養素は食事から取ったほうがいいです。なので、亜鉛マグネシウムのサプリを取る必要はほとんどの場合でありません。ビタミンDは食材から取りづらいのでサプリがファーストチョイスになってきますが、ビタミンBとCはどうかというと、結論やはり取りづらいんですよね。よってサプリで補ったほうが良いと判断しました。またビタミンBとCは他のビタミンと違い水溶性なので、吸収できない分は尿として排泄されます。よってビタミンAやKとは違って、過剰摂取があまり問題になりません。まあ、あまりにも過剰摂取をしすぎると尿管結石のリスクを高めるという研究もあるため、度を超えた接種は良くないと思うのですが、そうでなければ接種して差し支えない栄養素でしょう。ビタミンB,C,Dはハイリターンローリスクだと判断し、飲むことにしました。

最後、ヘム鉄。これが一考の余地ありって感じです。というのも僕は、睡眠は足りてるくせに結構朝が辛いので、割と貧血気味かなって思っています。なので僕にとってヘム鉄はあったほうがいいかなって思っているのですが、ヘム鉄を直で取るとがんのリスクが高まったり酸化して老化しやすくなったりするらしいんですよね…。でもまあ、DHCのサプリを規定量飲むぐらいだったらそこまで問題になることはないとは思うので、気持ちは買うよりです笑。

そんな感じで、炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・水の六大栄養素は、考えることがやまほどありますね。まあ他にもミネラルって色んな種類があるので、考え出すとキリがないのですが、とりあえず鉄は取りたいかな、と現時点では思います。

ここまで書いてきて、やっぱり何冊か栄養の本を買って読んだほうがいいなって感じました。まあ、今の僕に一番必要なのは、間違いなくプログラミングの勉強なので、そこの優先順位は間違えないようにしつつ、でもやはり体は健康でいたいので、ちょっとずつ勉強してみようかなって思います。これ以上の学習はオリジナルアプリを完成させてからですかね。とりあえず、気になる本を3冊、Amazonの後で買うに入れてみました。実際買う時はkindle版で買いたいと思います。追記は以上です。